スピークナチュラルのレビューと評価

スピークナチュラルのレビューと評価

スピークナチュラル

スピークナチュラル公式通販

教材名スピークナチュラル
金額29,800円(送料込)
保証なし
管理人からの特典お付けできません
教材のタイプ会話練習型の英会話教材
内容CD14枚 約14時間 テキスト1冊154ページ
対象レベル初心者
評価星4.5

スピークナチュラルのおすすめポイント

 

学習メニューが豊富で英語が話せるようになるための工夫がたくさんある。

 

スピーキングからリスニング、そして発音まで総合的に学習ができるのでスピークナチュラルだけで英会話の学習が完結する。

 

聞くことからはじまり、話す練習へという内容で、英語の学習理論的にも正しい方法を採用している。

 

スピークナチュラルのおすすめできないポイント

 

特になし。

 

※同等の学習内容ながら金額がEVERYDAY ENGLISH PHRASESよりも1万円高いのでランキング2位としました。

スピークナチュラルのCD

 

スピークナチュラルのレビューと評価

 

スピークナチュラルは学習メニューが豊富で、しかも英語学習理論的にも正しい方法を採用していて優れた教材だというのが使ってみての率直な感想です。

 

私の知っている裏話として、英会話教材を作る会社というのは原価を抑えて利益を高くするために、本来は必要である学習機能を削っていることがあります。

 

特に発音の学習というのは教材の中に入れるとコストが高くなるため、ほぼすべての英会話教材では発音の学習をすることができません。

 

これは、発音の学習をしなくてもよいという意味ではなく、本当はした方がよいのにも関わらず、コストの都合でなしにしているのが本音なのです。

 

それに対して、このスピークナチュラルは制作コストを度外視して発音の学習などの英会話の習得に必要な学習機能をすべて盛り込んでいると感じました。

 

このように販売者ではなく、われわれ学習者がお得なのがスピークナチュラルです。

 

スピークナチュラルには英語が話せるようになるための特長や工夫がたくさんあるのでそれを順番に紹介していきます。

 

スピークナチュラルのCD

 

超スローリスニング

 

英会話を習得しようと思うのなら、まずは聞く練習、それから話す練習へと進んでいくのが理論的に正しいとされています。

 

スピークナチュラルでは、その第一歩の聞く練習を超スローリスニングという形で行います。

 

実際に使ってみないとこの良さは伝わらないのですが、これがなかなか良いものでした。

 

どういうものかというと(以下、実際のCDの内容です)、

 

あなたは日本に行ったことがありますか?
(通常速度)

 

Have you ever been to Japan?
(通常速度)

 

あなたは日本に行ったことがありますか?
(通常速度)

 

Have
(超スロー)

 

you
(超スロー)

 

ever
(超スロー)

 

been
(超スロー)

 

to
(超スロー)

 

Japan?
(超スロー)

 

Have you ever been to Japan?
(ちょっと速いスピード)

 

このようなCDの音声の構成になっています。

 

このスローリスニングの最大のメリットは、ゆっくりなので記憶しやすいということです。

 

私も購入前はそうは予測しなかったのですが、実際に使ってみると、これは本当に記憶の定着が良いと感じました。

 

また、スロースピードなので英単語の1音1音をしっかりと確認しながら、耳を慣らすこともできます。

 

リスニングは速いスピードで聞いて耳を鍛えるというのが一般的になっていますが、それは英語の中〜上級者にとって有効な方法であり、まだ英語の音そのものに対する理解がない初心者であればこの超スローリスニングが有効です。

 

また、スローの音声のため、聞きながらそれに合わせて真似をして英語を話してみることもしやすいのもおすすめのポイントです。

 

多くの英会話教材は、通常速度の音声でひたすら会話が続いてしまうので、初心者がそれに合わせて英語を話してみるのは至難の技になってしまいます。

 

スピークナチュラルのテキスト

 

CDの音声は日本語→英語の順番で流れる

 

スピークナチュラルは日本語→英語の順でCDの音声が収録されています。

 

それに対して、ほぼすべての英会話教材は英語→日本語の順でCDの音声が収録されています。

 

この違いが何を生むのかを説明します。

 

英会話とは自分が思ったことを英語に変換する力が必要になります。

 

逆にリスニングは聞いた英語を日本語に変換する力が必要になります。

 

つまり、先に英語を聞いてその後に日本語訳を聞く英会話教材は、自分の思ったことを英語に変換する力がつきづらいのです。

 

先に英語を聞いて、それを日本語で何と言うかをチェックするという作業になってしまうからです。

 

これはスピーキングの強化ではなく、リスニングの強化に適した順番です。

 

スピークナチュラルは先に日本語訳を聞く、そしてそれを英語で何と言えばよいのかを考える、その後に英語を聞くという順番です。

 

そのため、思ったことを英語にするという作業ができます。

 

これにより、思ったことを瞬間的に英語にする力が身につくようになります。

 

わずかな順番の違いですが、英語ができる人ならば誰もが知っている常識です。

 

この順番で学習をすると、英会話は非常に効果が高いです。

 

ちなみに日本語→英語の順のCDになっているのはスピークナチュラルとEVERYDAY ENGLISH PHRASESしかありません。

 

スピークナチュラルのCD

 

文法が不要なシンプルイングリッシュ

 

スピークナチュラルは文法が不要というコンセプトです。

 

これは文法を無視という意味ではなく、難しい文法を使わないで英会話を習得するという意味です。

 

「ただ英語を聞くだけでOK」のように根拠なしに文法が不要というものではありません。

 

テキストの中を見ると分かるのですが、スピークナチュラルで学習をするすべてのフレーズはどれも7語程度の短いものばかりです。

 

短いのに実践で使えるフレーズばかりを厳選している感じがありました。

 

スピークナチュラルのテキスト

 

このようにフレーズを短くすることで、複雑な文法がフレーズの中に入り込むことがないので、文法が分からないという人でも簡単に学習を進めることができます。

 

もちろん、疑問文の作り方のような最低限の文法の知識は必要です。

 

そして当然のことですが短いので暗記しやすいというメリットも非常に大きいと感じました。

 

話すにしても短いゆえに歯切れのよいものばかりです。

 

上述の超スローリスニングとこのシンプルイングリッシュは暗記の負担をなくすための大きな工夫だと言えます。

 

スピークナチュラルのCD

 

会話単位での学習

 

英会話のシーンをひたすら聞いていくというタイプの教材では、1つの質問に対して1つの回答例しか学べないというデメリットがあります。

 

スピークナチュラルは会話単位で学習をしていくので、1つの質問に対して様々なパターンの回答例を学ぶことができます。

 

スピークナチュラルのテキスト

 

上の写真は実際のテキストです。

 

英会話のシーンをひたすら聞いていくというタイプの教材の場合、「medium」という回答パターンしか学ぶことができません。

 

それに対してスピークナチュラルでは「rare」「well-done」という別の回答パターンも学ぶことができます。

 

そのため、実際の会話の中で自分の意思にそった回答ができるようになります。

 

このように使うフレーズをピンポイントで学んでいくと学習効率も非常に良いです。

 

ひたすら英会話シーンが続いてしまう内容ですと、初心者はどのフレーズが大切でどのフレーズが不要なのかが判断できず、全部を覚えなければなりません。

 

フレーズ単位で学習できることも、暗記の負担を減らすという意味でとても良いです。

 

スピークナチュラルのテキスト

 

会話をコントロールするフレーズ

 

英会話の初心者であっても実際の英会話に対応できる方法があります。

 

それは会話をコントロールするフレーズを学ぶという方法です。

 

英会話とは会話のキャッチボールであり、会話が続くことが条件です。

 

しかし、初心者であれば何と言っていいのか分からない、何を話せばいいのか分からないという状況に陥り、黙りこんでしまうことがあります。

 

こうならないために、スピークナチュラルは会話中に黙り込まないようにするための会話をコントロールするフレーズを学習できます。

 

スピークナチュラルのコントロールフレーズ

 

上の写真のとおりなのですが、会話に困ったときにそれを解決するためのフレーズを学ぶことができます。

 

「もう一度言ってもらえますか?」

 

「分かりませんでした」

 

のように、困ったときに相手に確認を取ったりするフレーズを学習することで、実際の英会話で黙りこむことがなくなります。

 

まずはこれらの会話をコントロールするフレーズから覚えていっても良いかもしれません。

 

心の中の切り札的な存在で安心感を与えてくれることでしょう。

 

それが自信につながり、英語を話す積極性へと変わっていくものです。

 

スピークナチュラルのCD

 

話す練習機能が豊富

 

英会話は聞くことではなく、話すことで身につきます。

 

しかし、世間で有名なのは聞くことしかできない英会話教材ばかりなので本当に英語ができる人が作った教材なのかと私は疑問に思っています。

 

それらに対して、スピークナチュラルはとにかく会話型です。

 

まずは聞いて、その後は話す練習をして英会話をマスターしようという考えです。

 

この考えは、英語の学習理論としても正しく、私はこの特長を気に入っています。

 

スピークナチュラルには2つの会話練習機能があります。

 

1つは瞬間通訳練習というものです。

 

CDが日本語音声を話します。

 

その後、数秒間はCDの音がストップするので、その間に日本語音声に合った英語をあなたが話します。

 

そしてそれが終わった瞬間にCDが英語で答えを読み上げるという内容です。

 

もう1つは会話練習というものです。

 

CDが英語で質問をしてきます。

 

それに合う回答をあなたが英語で話します、その後CDがその回答に対して英語を返すという内容です。

 

この2つのテスト機能をどれだけ使うかによって英会話ができるようになるかが決まると言っても過言ではありません。

 

英会話は聞くだけで習得できることは絶対になく、会話の練習がすべてです。

 

自分のものになるまで何度もこのテスト機能を繰り返し行なうと、英語が話せるという感覚が分かるようになってきます。

 

スピークナチュラルのテキスト

 

発音の練習

 

このページの冒頭でも述べたとおり、スピークナチュラルは発音の学習ができる数少ない英会話教材です。

 

口の開け方、舌の位置、イントネーションなど英会話教材とは思えないほど細かいところまで手の届いた内容です。

 

スピークナチュラルのテキスト

 

スピークナチュラルのテキスト

 

発音を覚えない英会話の学習は最低です。

 

聞いている相手にとっては不快で、コミュニケーションの障害でしかありません。

 

話している自分もかっこ悪く、自分の間違った発音をいつも聞いている自分の耳も悪くなっていきいます。

 

せっかく英会話を学ぶのであれば発音の学習も必ずしておくことを強くおすすめします。

 

英会話の実力は、発音の学習をしたかしていないかで大きく差がつくものです。

 

スピークナチュラルのテキスト

 

スピークナチュラルのテキスト

 

テレフォンレッスン

 

スピークナチュラルでは時間は月にわずかですが、テレフォンレッスンがついています。

 

このサービスでは英会話の練習や英語の学習についてのアドバイスを受けることができました。

 

私がこのテレフォンレッスンで感じた良いと思ったところは、英語と日本語を両方話すことができる日本人とレッスンができることです。

 

ネイティブスピーカーの方がいいのでは?と感じる人がいることでしょう。

 

しかし、初心者に限定をすればネイティブスピーカーとのレッスンはハードルが高すぎます。

 

困ったときに日本語に切り替えるということができないので、学習として得るものは極めて少ないのが現実です。

 

日本語と英語、両方を話す人が相手であれば、いけるところまで英語で挑戦して困ったら日本語で指導を受けることが可能です。

 

ですので、まだ英語話せないうちからでも、このテレフォンレッスンは積極的に利用することができます。

 

テレフォンレッスンの案内

 

すべてを読んでいただいた方にはしっかり伝わったと思いますが、スピークナチュラルはこのように英語が話せるようになるための工夫がたくさんあります。

 

総合的に英会話の学習ができ、これだけで英会話が完結という内容なのでとても価値が高い教材です。

 

目安としては初心者が1日30分以上の学習を続けて3ヶ月程度で簡単な英語が話せるようになると言えます。

 

そして、半年程度で日常英会話ができるようになる内容です。

 

努力すれば必ず成果となって返ってくるしっかりとした内容の教材で、使ってみたが効果がなかったということはありません。

 

私が自信を持っておすすめできる英会話教材のなのすが、EVERYDAY ENGLISH PHRASESと比較をして金額が1万円高いので英会話教材ランキングで2位としました。

 

スピークナチュラル公式通販

 

さらに詳しい情報を見てみる

 

スピークナチュラルのよくある質問

 

おすすめ英語教材比較ランキング

 

おすすめ英会話教材比較ランキング

 

スピークナチュラル

管理人情報

英語教材一覧