リスニングパワーのレビューと評価

リスニングパワーのレビューと評価

リスニングパワー

リスニングパワー公式通販

当サイト経由でリスニングパワーを購入された方には管理人の英語がんばる君から豪華特典をプレゼントしています。

 

⇒特典の詳細はコチラ

教材名リスニングパワー
金額14,800円(送料込)
保証なし 公式通販サイトでサンプル音声が聞けます
管理人からの特典お付けできます
教材のタイプ特殊な音を聞いて英語脳を作る
内容CD2枚 約110分 テキスト1冊45ページ
対象レベル初〜中級者
評価星5

リスニングパワーのおすすめポイント

 

東大や大手企業でも使用されているという実績は英語教材の中でNO.1。

 

機械で作った英語特有の周波数の音を聞くことで英語脳が育成され英語を聞き取る力がアップする。

 

英語の音がゆっくり聞こえるようになる。

 

英語の音感が良くなる。

 

リスニングパワーのおすすめできないポイント

 

リスニングパワーの中で聞く音は特殊なものがあり、英語を学んでいるという感じがしないところがある。

 

TOEICボキャブラリー

 

リスニングパワーのレビューと評価

 

私がリスニングパワーを購入した理由は、東大や名だたる大手企業でも使われてきた実績があったからです。

 

このように、英語教材として圧倒的な実績があったので、購入前からとても興味がありました。

 

導入実績

↑リスニングパワーを導入した企業や大学

 

 

また、海外のドラマや映画に出演が決まった芸能人も英語に対応すべく、このリスニングパワーを使用して短期間で英語を聞き取る力をつけているということも有名な話でした。

 

他の英会話教材などは、契約料などを支払って芸能人に使ってもらっているのに対して、リスニングパワーは芸能人がプライベートで使っているということが最大の違いです。

 

そのため、私が以前このサイト上で、使用している芸能人名を挙げいたところ、芸能事務所から削除の依頼が来たほどです。

 

これほど力のある教材なのですが、一体どんな内容なのかということをまずは説明します。

 

あなたは英語を学習していて、英語が聞き取れないと感じていませんか?

 

しかし、これに落ち込む必要はまったくありません。

 

日本で育ってしまった日本人は英語を聞き取る力がないことが当然だからです。

 

それにはちゃんとした理由があります。

 

英語と日本語では使われている音の周波数というものがまったく違うからです。

 

周波数とは音の高さと言うとイメージしやすいかと思います。

 

英語と日本語の音の違い

 

上の図の通りなのですが、日本語と英語とでは使われている音の周波数が重なり合うことがないくらいまったく違うのです。

 

そのため、日本人にとって英語とは普段耳にすることがない音なわけです。

 

だから簡単には英語が聞き取れないのです。

 

この点について、私が今まで読んできた英語の勉強本でも言及している人が多数いました。

 

私が読んできた本

 

しかし、その解決方法というのを具体的に挙げている人がいないのも事実です。

 

解決方法としてもっとも有力とされているのが「英語圏で長期間生活をすること」でした。

 

しかし、この解決方法では多くの人にとって現実的に実行することは無理です。

 

そして、唯一海外に住むことなく日本にいながらこの問題を解決できる可能性があるのがリスニングパワーでした。

 

リスニングパワーでは英語の周波数の音を徹底的に脳に教えこんでいきます。

リスニングパワーの学習メニュー

 

 

日本語と英語で似てはいるが実際には違う音を集中的に聞く

 

英語の周波数の音を聞き取れる力をつけるための特殊な音を聞く

 

ネイティブスピーカー特有の話し方に慣れるための音を聞く

 

ネイティブスピーカーの会話速度に対応できるようになる音を聞く

 

リスニングパワーはこのような学習メニューになっています。

 

聞き取りへの効果をうたった教材というのは他にもありますが、その多くが機械で英語の再生速度を上げたものを聞くという方法です。

 

確かに、この方法でも英語の速さについていけるようになった気がしますが、それはただの錯覚であり、時間を置けば、また英語の速さについていけなくなります。

 

また、この手の教材というのは英語と日本語の音の違いには着目していません。

 

ここがリスニングパワーとの最大の違いです。

 

音の周波数が最大の理由ですが、英語が聞き取れない理由というのは、大きく3つしかありません。

1、英語の音の周波数に慣れていないから聞き取れない

 

2、英語のスピードについていけないから聞き取れない

 

3、単語や文法を知らないから聞いたものを理解できない

 

リスニングパワーでは、上に挙げた3つのうちの1と2を鍛えることができます。

 

この2つをしっかりと鍛えることで今までとは違った感覚で英語を聞き取れるようになることが期待できます。

 

こうしてどんな内容かを挙げるだけでは難しく感じるかもしれませんが、方法はとても簡単です。

 

ただ聞くだけでそれ以上のことは特にする必要がありません、まさに聞き流すというスタイルです。

 

テキスト1

 

英会話を学ぶのであれば、英語をただ聞くだけという方法ではダメです。

 

聞いたものをちゃんと覚える必要があるからです。

 

しかし、リスニングパワーのような音を覚える教材であれば、音という感覚を身につけるものなのでただ聞いていればそれだけでOKだと感じました。

 

音であれば聞くことで覚えることができ、むしろ聞くことでしか覚えることができないのが音です。

 

テキストを見る必要も、机に座って学習をする必要もありません。

 

ただCDの音に耳を傾ければよいので何かをしながらでも学習することができます。

 

意識をしていなくてもリスニングパワーの特殊な音を聞き続けていれば脳が自然に英語の音を覚えていってくれます。

 

かなり特殊な耳に残る音を聞き続けるので、ただ聞くだけでも英語の音が脳に残る感覚は他の英語教材とは比較にならないほど強いものがありました。

 

ですので買ったはいいが自分にはできないということがないのも良いところです。

 

また、学習への負担も少ないので継続という面も簡単だと感じました。

 

アルファベット程度の最低限の英語知識があれば誰でも使え、効果を生むことができます。

 

テキスト2

 

リスニングパワーのCDの内容を大きく2つに分けると、英語を聞くものと、英語脳を作るための機械で作られた特殊な音を聞くものに分かれます。

 

この機械で作らた音がかなり特殊で「ズー」「ピー」「キー」「シャー」というような普段耳にすることがない音を聞きます。

 

もちろんこれらは英語の音に慣れるために設計された意味のあるものです。

 

だいたいの英語教材というのは内容を見ればそれを使うとどんな効果があるのか推測できます。

 

しかし、このリスニングパワーだけはなぜこれを聞くとこんな効果があるのかと驚くものでまったく予測不能でした。

 

脳科学に基いて設計された音なので、私の予測を覆すような効果がありました。

 

世間では悲しいことに、「◯◯するだけで英語が話せるようになる」「1日数分でOK」のように根拠に乏しい英語教材があります。

 

それらに対して、今まで使ってきた英語教材の中でリスニングパワーがもっとも効果への根拠や理論がしっかりとしているのではないかと感じました。

 

だからこそ東京大学や大手企業も導入をしているのだと思います。

 

テキスト3

 

リスニングパワーを知った当時、私は英語の勉強は継続しているものの、ある一定のところからなかなか成長できずに伸び悩んでいました。

 

特にCDの英語は聞き取れるが実践での英語が聞き取れないという問題を抱えていました。

 

まさに典型的に本番で使えない英語力だったというわけです。

 

その理由は速いスピードの英語を聞けばリスニングが上達すると思っていて、やたらと速い音声の英語ばかりを聞いていたからです。

 

音声加工で速度を速くしただけの音ではリエゾンやイントネーションが崩れてしまうのでCDの音を聞き取る力はついても、実際の生きた英語を聞き取る力は身につきませんでした。

 

また、音声加工で速度を速くした英語を聞いた直後は、通常の英語がゆっくり聞こえますが、これはただの錯覚であり、時間が経てばその力は元に戻ってしまうものです。

 

このように今までの自分が行なってきた学習方法とリスニングパワーはまったく違うので、使う前からこれはともしかしたらと感じたことを覚えています。

 

テキスト4

 

私が行ったリスニングパワーを使った学習方法はとてもシンプルです。

 

まずはCD1とCD2をテキストを見ながら聞いて内容を把握しました。

 

内容を覚えるのではなく、音を覚える教材なのでテキストは何が書いてあるかを見た以降はほぼ不要でした。

 

ただ聞き流しているだけでも効果はあると感じたのですが、音に意識を集中しながら聞くとさらに効果が高まります。

 

リスニングパワーは左の耳から、右の耳からと片方の耳ごとに脳に英語の音の刺激を与えるようになっている音声があるのでヘッドホンを用いると効果が最大化できます。

 

私が効果を感じたのは使いはじめてから約2週間したころでした。

 

何が今までと大きく変わったのかというと、聞こうとしていない英語までも耳に入ってくるということです。

 

私は英語の練習として洋画やニュースをよく見ています。

 

いつも集中しながら見ているわけではありません。

 

英語を聞いていないよりは聞いていた方がいいくらいの気持ちでした。

 

しかし、リスニングパワーを使いはじめてから2週間後、いつもと同じように聞いていた映画ですが、なぜか英語がいつもよりもしっかり耳に入ってきました。

 

なぜかいつもよりゆっくりと英語が聞こえるようになったのです。

 

日本語であれば聞こうとしていなくても聞こえてくるものです。

 

私はこれが英語でも起こるようになりました。

 

これが英語脳なのかという実感がありました。

 

単語の意味を知らなければ聞いても内容は理解できません。

 

しかし、音としては聞いたつづりが頭に思い浮かぶほどしっかりとすべてを聞き取れるようになっていました。

 

何かをしながらの傍らでも英語を聞き取ることができるようになりました。

 

私にはすでに英語の学習経験があったのも影響していると思いますが、初心者であっても1〜2ヶ月間使えば英語を聞き取る力は飛躍的に伸びると思います。

 

今までは違う感覚がそこにはあると思います。

 

学習時間の目安は1日20分です。

 

テキスト5

 

リスニングパワーでは発音の矯正もできてしまいます。

 

日本人が理解できていない音、すなわち英語と日本語で音が違うものを集中的に聞いていきます。

 

その音を単品で聞いたり、単語の一部として聞いたり、英文の中で聞いたりということをリスニングパワーではしていきます。

 

方法はとても簡単でCDの音と自分の声が共鳴するまで口の開け方や舌の位置、声の出し方(声帯の使い方)を変えるだけです。

 

この方法であれば発音記号を学ぶことなく正しい発音を身につけることができます。

 

100%正確な発音を追い求めるのは現実的に少し厳しいと言えますが、これができないと英語にならないという音はしっかりと身につけることができます。

 

テキスト6

 

長々と書いてきましたが、リスニングパワーには他の英語教材にない不思議な効果がありました。

 

デメリットとしては、特殊な音を聞くことが多いので、英語を勉強しているという感覚を持ちにくいセクションがあることです。

 

音を覚えるという教材なので、机に向かい、椅子に座り、ノートと鉛筆でという学習が要りません。

 

通勤時間や散歩をしながらなど、何かのついでに学習できてしまうのも良いところです。

 

意識を集中していなくても効果が得られるので学習がラクという最大のメリットがあります。

 

英語の学習はラクなもので効果が得られることはありませんが、このリスニングパワーは例外でした。

 

また価格としても14,800円で他の英語教材と比較をして安いのも良かったです。

 

今まで学校のような英語の勉強ばかりをしてきて実践で使える英語力がない人、リスニングの上達に壁を感じている人にこのリスニングパワーはおすすめです。

 

また、これから英語が話せるようになりたいと考えている人もはじめにリスニングパワーを使ってもよいかもしれません。

 

英語脳を作ってから英会話を学んだ方が習得が早くなるものです。

 

今あなたが抱えている英語学習の悩みを解決してくれるかもしれない、それがこのリスニングパワーです。

 

リスニングパワー公式通販

当サイト経由でリスニングパワーを購入された方には管理人の英語がんばる君から豪華特典をプレゼントしています。

 

⇒特典の詳細はコチラ

 

おすすめ英語教材比較ランキング

 

おすすめリスニング教材比較ランキング

 

リスニングパワー

管理人情報

英語教材一覧